2023年8月12日 加地 茜

子宮内膜炎の重要性

 11件の閲覧

子宮内膜炎は重要!ただ子宮だけではなく、腹腔内や卵管も考慮すべし🌟腹腔鏡手術で妊娠の可能性を高めよう!子宮内膜炎検査や治療は専門医に相談して♪お問い合わせはこちら💕

子宮内膜炎の重要性について

子宮内膜炎の重要性とは?

子宮内膜炎は、現在多くの施設で重要視されている疾患です。その理由は、エビデンスに基づいており、当院でも内膜炎の検査を重要視しています。しかし、子宮内膜炎の重要性はそれだけではありません。

考えていただきたいのは、子宮内膜が毎月剥がれるということです。これは他の臓器とは大きく異なる特徴です。このような現象は、子宮以外では起こりません。

内膜に炎症があっても、月に1回はリセットされます。このシステムは驚くべきものであり、炎症が起こっても子孫を繋ぐための素晴らしいシステムと言えます。

しかし、腹腔内や卵管内は決してリセットされません。炎症があれば永遠に残り続けますし、癒着も当然残り続けます。子宮だけを見ていてはならず、他にも原因があるのではないかと考えるべきです。

当院では腹腔鏡手術を重視しています。なぜなら、腹腔内にある卵巣から排卵した卵子が卵管を通り子宮に入るため、腹腔内と卵管と子宮は常に繋がっており、影響し合っているからです。

もちろん、子宮内の病変は非常に重要であり、基本中の基本です。しかし、毎月リセットされる子宮にだけ注目するのではなく、より広い視点で治療を考える必要があります。木を見て森を見ずとなってしまいます。

ERAやフローラなども同様です。毎月リセットされるかどうか、再現性があるかどうかは、まだエビデンスが得られていません。

結論

子宮内膜炎は重要な疾患であり、治療において基本的な要素です。しかし、子宮だけでなく腹腔内や卵管も考慮し、より広い視点で治療を進めることが必要です。エビデンスに基づいた検査や手術を行うことで、妊娠の可能性を高めることができます。

よくある質問

Q1. 子宮内膜炎の検査はどのように行われますか?

A1. 子宮内膜炎の検査は、子宮内膜の組織を採取し、炎症の有無や病原体の検査を行います。腹腔鏡手術や内膜生検などが一般的な方法です。

Q2. 子宮内膜炎の治療はどのように行われますか?

A2. 子宮内膜炎の治療には、抗生物質の投与や腹腔鏡手術などがあります。治療方法は症状や原因によって異なりますので、専門医に相談してください。

Q3. 子宮内膜炎は妊娠に影響しますか?

A3. 子宮内膜炎は子宮内膜の状態を悪化させるため、妊娠に影響を与える可能性があります。治療を行うことで妊娠の可能性を高めることができます。

Q4. ERAやフローラは子宮内膜炎の検査ですか?

A4. ERAやフローラは子宮内膜炎の検査ではありません。これらは子宮内膜の状態や受精卵の着床のタイミングを調べるための検査です。

Q5. 子宮内膜炎の再発を防ぐ方法はありますか?

A5. 子宮内膜炎の再発を防ぐためには、適切な治療を行い、感染症や炎症を予防することが重要です。定期的な検査や生活習慣の改善も効果的です。

Photos provided by Pexels
参照記事:>https://ameblo.jp/kazutom/entry-12811241482.html

 

タグ:    
この記事を書いた人

加地 茜

2017年1月から新人スタッフとして加わりました、加地 茜(あかね)と申します。 英語のTOIECスコアは885です。 英語の翻訳はお任せ下さい。 まだまだ修行中の身ですが、何卒よろしくお願いいたします。

子宮内膜炎は重要!ただ子宮だけではなく、腹腔内や卵管も考慮すべし🌟腹腔鏡手術で妊娠の可能性を高めよう!子宮内膜炎検査や治療は専門医に相談して♪お問い合わせはこちら💕