2022年4月29日 加地 茜

タイ入国前のRT-PCR検査の受検について

 4件の閲覧
注意
2022年4月1日より、タイ渡航前のPCR検査結果の提示は任意となりましたが、弊社では今後もタイ渡航前のPCR検査と検査結果の提出にご協力をお願いして参ります。

タイ政府では、2022年3月18日、同年4月1日よりタイ入国時に「出発の72時間以内に受けたRT-PCR検査結果」の提示を求めないという入国時検疫の軽減措置の方針を発表しました。

しかし、渡航前に検査を受けずにタイへ渡航し、タイ入国後に新型コロナウイルス陽性となった場合は、予定通り治療が受けられないだけでなく、隔離や隔離に伴う保険請求などで貴重な時間を無駄にする事になります。もちろん、ご自身のみならず同時に渡航される他の方への影響の可能性もゼロではありません。

そのため、弊社でお申し込み頂くお客様には、本年4月1日以降にタイに渡航される場合、以下の条件でタイ渡航前の新型コロナウイルス陰性検査を受けて頂くよう、お願い致します

  • 唾液または鼻腔拭い液を利用したRT-PCR検査であること。簡易検査キットや抗原検査の結果は不可とさせて頂きます。
  • タイへの渡航の72時間以内に検査した結果であること。
  • 検査の結果、陰性であることの証明できる、検査先クリニック発行の書面、PDFまたはメール本文のスクリーンショットが弊社に提示できること。

お客様にはご不便をおかけしますが、安全・安心に手術を受けていただけるコーディネーターの責任として、ご理解とご協力を頂けますと幸いです。

この記事を書いた人

加地 茜

2017年1月から新人スタッフとして加わりました、加地 茜(あかね)と申します。 英語のTOIECスコアは885です。 英語の翻訳はお任せ下さい。 まだまだ修行中の身ですが、何卒よろしくお願いいたします。