2020年9月6日 加地 茜

ココが知りタイIVF「ERA検査とは何ですか?検査した方が良いですか?」

 142件の閲覧

ERA検査の意味や着床の窓について詳しく知りたい方へ💡下記URLの記事をご参考ください!ERA検査は、子宮内膜着床能を評価し、胚移植の最適時期を調べる検査です。着床の窓を知ることで、妊娠の可能性を高めることができます🌟不透明な面もありますが、一度ご覧になってみてくださいね😊 お問い合わせはご遠慮なく!💬✉️
お客様
お客様
ERA検査とは何ですか?検査した方が良いですか?

ERA(Endometrial Receptivity Analysis)検査とは、子宮内膜を採取し子宮内膜着床能を評価し、胚移植の最適時期を調べる検査です。

着床に最適な時期(「着床の窓(Implantation Window)」と呼ぶ)には個人差があり、その着床の窓をERA検査で知ることで、より着床の可能性を向上させる事ができるという、スペインの企業が提唱している考え方です。

これを読んだだけでは、ERA検査をした方が妊娠しやすくなりそうに聞こえますが、この検査の根拠は公開されておらず再現性も不透明で、近年はこの考え方に疑問を持つ声もあるそうです。

ERA検査の意味については、下記URLの記事も参考にして頂ければと思います。

この記事を書いた人

加地 茜

2017年1月から新人スタッフとして加わりました、加地 茜(あかね)と申します。 英語のTOIECスコアは885です。 英語の翻訳はお任せ下さい。 まだまだ修行中の身ですが、何卒よろしくお願いいたします。

ERA検査の意味や着床の窓について詳しく知りたい方へ💡下記URLの記事をご参考ください!ERA検査は、子宮内膜着床能を評価し、胚移植の最適時期を調べる検査です。着床の窓を知ることで、妊娠の可能性を高めることができます🌟不透明な面もありますが、一度ご覧になってみてくださいね😊 お問い合わせはご遠慮なく!💬✉️