2020年2月3日 横須賀 武彦

男性パートナーの年齢は出産率に影響するとの研究結果が出ています。

 61件の閲覧
empty plastic container for testing semen or urine, on the background of unbuttoned pants.

男性の加齢が妊娠にどの様な影響を与えるか少しずつ分かってきました。
今回の論文では父親の加齢が妊娠や出産率や流産率に影響している事が示されています。

どの年齢層でも男性の年齢が上がると出産率が有意に低下していることが分かります。

男性の年齢が上がると周産期のリスクが明らかに高くなるそうです。特に父親が55歳を過ぎるとその差が顕著にるようですので、
男性パートナーの方はこの点を理解して代理出産の依頼する決断が遅くならないようにすべきと思います。
タグ:   
この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超