2020年1月25日 加地 茜

日本の常識は世界の非常識「男女を産み分けることは不可能?」

 367件の閲覧

男女を産み分けする方法は着床前診断が最も確かです。国内外で男女産み分けが普及していることが分かりました日本でも常識を改め、いを叶えるために一度ご相談ください。お問い合わせはご遠慮なく!

男女を産み分け出来るという方法を数多く目にすると思いますが、医学的に証明された男女産み分けのための方法は「着床前診断」となります。世界から見れば常識でも、「着床前診断」後進国日本では非常識なのも頷けますね。

キリスト教徒が国民の大半を占める米国では、じつに約73%の不妊治療クリニックで男女産み分けの選択肢が提供されているという調査結果があります。

日本国内でも、子供を持ちたいと切に願う人こそ子供を授かれるように、日本の常識を改める必要があるのではないでしょうか。
弊社では男女産み分けを可能にする「着床前診断」を行うプログラムもご用意しておりますので、ぜひ一度ご相談頂ければ嬉しいです。

タグ:   
この記事を書いた人

加地 茜

2017年1月から新人スタッフとして加わりました、加地 茜(あかね)と申します。 英語のTOIECスコアは885です。 英語の翻訳はお任せ下さい。 まだまだ修行中の身ですが、何卒よろしくお願いいたします。

男女を産み分けする方法は着床前診断が最も確かです。国内外で男女産み分けが普及していることが分かりました日本でも常識を改め、いを叶えるために一度ご相談ください。お問い合わせはご遠慮なく!