2019年4月8日 横須賀 武彦

ゲイカップルの息子のために61歳母が代理出産

 63件の閲覧

「ゲイカップルの息子のために61歳の祖母が代理出産をした話」をご覧いただきありがとうございます。「代理出産」は、人工子宮がまだ実用化されていない現実の中で、一つの手段として意味があると考えています。ただし、ジョージアではこのような形での代理出産は認められていないことをご了承ください。お問い合わせはご遠慮なく!💁‍♀️💁‍♂️

代理出産を非難する人がいますが、「人工子宮」が実用化されるまでの繋としての「代理出産」には意味があると思っています。

なお、ジョージアでは、上記のような形で母親に依頼しての代理出産はできませんので、悪しからずご了承ください。

タグ:  
この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

「ゲイカップルの息子のために61歳の祖母が代理出産をした話」をご覧いただきありがとうございます。「代理出産」は、人工子宮がまだ実用化されていない現実の中で、一つの手段として意味があると考えています。ただし、ジョージアではこのような形での代理出産は認められていないことをご了承ください。お問い合わせはご遠慮なく!💁‍♀️💁‍♂️