2019年2月21日 横須賀 武彦

女性器内部にはのろまな精子をブロックする仕組みがあるようです

 17件の閲覧
CGI visualization of the sperm with X chromosome (electronic microscope simulation) with focus effect (light version)

こんにちは!最新の研究で、女性器にはスピードの遅い精子を振り落とす狭窄部があることが分かりました。この仕組みによって、スピードの速い精子が受精しやすくなるんです!また、前回の射精から3時間以内に行うと妊娠に効果的とも言われています。詳しくはこちらをチェック! お問い合わせはご遠慮なく! 😊💡✨🌸

Point
■女性器には狭窄部があり、そこでスピードの遅い精子を振り落とす仕組みが発見される
■狭窄部を模したマイクロ流体装置を使った実験では、精子が蝶型のパターンで押し流される様子が観察される
■この仕組によって、スピードの速い、強い精子が受精する可能性を高めている

 

「前回の射精から3時間以内が妊娠に効果的」という新しい研究結果

タグ:  
この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

こんにちは!最新の研究で、女性器にはスピードの遅い精子を振り落とす狭窄部があることが分かりました。この仕組みによって、スピードの速い精子が受精しやすくなるんです!また、前回の射精から3時間以内に行うと妊娠に効果的とも言われています。詳しくはこちらをチェック! お問い合わせはご遠慮なく! 😊💡✨🌸