2018年9月22日 横須賀 武彦

提供精子の治療受付停止 慶応大、出自知る権利が影響か!?

 98件の閲覧
この不妊治療は「非配偶者間人工授精(AID)」と呼ばれ、無精子症などの病気で男性不妊に悩む夫婦を対象に匿名の第三者から提供された精子を使って人工授精するのですが、このAIDが全国の病院で中止される動きが出ると、不妊カップルに様々な悪影響が出ることが懸念されます。
個人のゲリラ精子提供者を利用する人が増えて、トラブルが増える事を心配しています。
タグ:   
この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超