2018年8月14日 横須賀 武彦

“子宮移植後”のサルで初の妊娠に成功・・・でも人間ではいつ可能に?

 16件の閲覧

費用が保険適用で600万円前後、保険非適用で2,000万円も大きな問題ですが、一番の問題は子宮ドナーをどう確保するかという問題もしれません。
体外受精をはじめとする不妊治療や代理出産などの技術が進むなか、実験段階のある最新の技術に注目しました。それは「子宮移植」です。今年5月、世界で初めて日本人医師ら研究グループが子宮移植を受けたサルの妊娠に成功しました。アベマニュースのカメラはその実験に独占密着しました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
タグ:  
この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超