2017年11月30日 横須賀 武彦

無痛分娩Q&A情報のご紹介

 23件の閲覧

体外受精で妊娠出産する際、日本の無痛分娩率は低く、回復に影響が出ることがあります。高齢の方は痛みを感じることで母親の愛情を感じると思われますが、無痛分娩の病院を選ぶことで回復や育児にも良い影響があるかもしません。無痛分娩の専門家のいる病院を選びましょう。お問い合わせはこちら!

無痛分娩Q&A| 日本産科麻酔学会(JSOAP)
http://www.jsoap.com/pompier_painless.html

卵子提供を受けての体外受精した結果妊娠出産となって行きますが、日本は出産時に無痛分娩を選択する割合が低く、産後の回復にも影響がでます。

卵子提供を受けての体外受精する方はほぼ高齢なので、お腹を痛める方が母親の愛情を感じるはずという縛りに囚われてしまい、術後の育児にも影響してしまう可能性が高いと思えわれます。

この際古い呪縛から開放されて非常の際の輸血環境の整った病院、無痛分娩の専門家のいる病院を選択して欲しいと心から思います。

無痛分娩施行施設の紹介:
http://www.jsoap.com/painless_enfa.html

 

タグ:  
この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

体外受精で妊娠出産する際、日本の無痛分娩率は低く、回復に影響が出ることがあります。高齢の方は痛みを感じることで母親の愛情を感じると思われますが、無痛分娩の病院を選ぶことで回復や育児にも良い影響があるかもしません。無痛分娩の専門家のいる病院を選びましょう。お問い合わせはこちら!