2017年9月21日 横須賀 武彦

56歳の泰葉さん2019年で引退&子作りへ「彼の血筋を残したい」

 103件の閲覧

IVFを考えている方へ。56歳で性交だけでは難しいです。体外受精は選択肢です。お問い合わせはご遠慮なく!

泰葉、2019年で引退&子作りへ イラン人男性と婚約会見で「彼の血筋を残したい」

56歳の女性が妊娠しようとすれば、性交のみで妊娠を目指すのは時間の浪費となります。人工授精も無理でしょう。

自分の卵子を使って体外受精(IVF)をしたくても、年齢から見て妊娠可能な卵子の採卵はできないと思います。

日本での卵子提供を受けての体外受精で出産した最高年齢は60歳だそうです。
体つくりが非常に重要だと本人がインタービューに答えていました。

最後は夫の精子を使った代理出産が現実的な選択ですが、日本のルールの中では泰葉さんの年齢が最大のネックです。

50歳以上の女性は日本の医療機関が発行した妊娠した事を証明書や出産証明書などの提出をしない限り、出生届を受けて貰えないからです。

本当に残念で、悲しい現実です。

 

この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

IVFを考えている方へ。56歳で性交だけでは難しいです。体外受精は選択肢です。お問い合わせはご遠慮なく!