2017年6月20日 横須賀 武彦

骨盤が小さくなりつつある人間!?

 63件の閲覧

最新のデータによると産道が狭い女性の数が増えているそうです💡しかし、ご安心ください!現代の医療で帝王切開などの手術ができるので、無事に出産できる可能性は高まっています👶🏻✨何か気になることや質問がありましたら、お問い合わせはご遠慮なくどうぞ!😊💌

骨盤が小さくなりつつある人間

10_e4

 かつて出産するには産道が狭すぎる女性は、子供を産もうとして命を落とした。
だが現在では帝王切開によって問題なく出産することができる。

 命が救われるようになったことで、人類は自然選択を克服しつつある。
狭い産道を持つ女性が子供を産めるようになり、その結果、骨盤が縮んでいるのである。

 1960年代以降、手術なしで出産をするには産道が狭すぎる女性は20パーセント増加した。
この傾向は今後も続くと考えられている。つまり、さらに多くの女性が出産時にメスに頼るようになるということだ。

参照サイト:http://karapaia.com/archives/52232798.html

タグ:  
この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

最新のデータによると産道が狭い女性の数が増えているそうです💡しかし、ご安心ください!現代の医療で帝王切開などの手術ができるので、無事に出産できる可能性は高まっています👶🏻✨何か気になることや質問がありましたら、お問い合わせはご遠慮なくどうぞ!😊💌