2016年10月19日 横須賀 武彦

iPS培養で初の卵子大量生成 九大や京大、マウス8匹誕生

 22件の閲覧

iPS細胞から卵子を大量に作る研究が成功!最先端の治療について詳しく知りたい方は、お問い合わせはご遠慮なく!📞👨‍⚕️成功例に励まされること間違いなし!お待ちしてます✨

iPS細胞

iPS培養で初の卵子大量生成 九大や京大、マウス8匹誕生

 
iPS細胞から培養だけで作製された卵子を使い誕生したマウスを見せる林克彦教授=14日、福岡市東区の九大病院キャンパス
マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から体外の培養だけで卵子を大量に作ることに世界で初めて成功したと、九州大や京都大などのチームが17日付の英科学誌ネイチャーに発表した。この卵子と通常の精子を体外受…
 

記事全文<共同通信のサイトに移動します>

この記事を書いた人

横須賀 武彦

バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

iPS細胞から卵子を大量に作る研究が成功!最先端の治療について詳しく知りたい方は、お問い合わせはご遠慮なく!📞👨‍⚕️成功例に励まされること間違いなし!お待ちしてます✨