2024年2月13日 加地 茜

父親の加齢により子の神経発達障害の可能性が上がる

 19件の閲覧

不妊治療前に、父親の加齢が子供の神経発達障害に与える影響が分かることが大切!不妊治療を検討されているカップルは、早めに相談してみてください!お問い合わせはご遠慮なく!😊🌸

1.はじめに

近年、社会問題として認識されつつある「男性の加齢による不妊リスク」。男性が高齢になるにつれて精子の質が低下し、それが子供を授かる可能性に影響を与えることが分かってきました。また、その影響は単に生殖能力だけでなく、子供の健康にも深く関わっているという新たな研究結果が出てきています。

特に注目したいのは、「父親の加齢が子の神経発達障害のリスクを高める可能性がある」という点です。本稿では、科学的根拠をもとに、父親の加齢が神経発達障害リスクにどのように影響するのか、どのような神経発達障害があるのかを解説します。また、不妊治療を考えているカップルに向けて、そのタイミングや注意点についても触れていきます。

2.父親の加齢と神経発達障害のリスク

(1)加齢と神経発達障害リスクの関係性

父親の加齢と神経発達障害のリスクとの間には、科学的な関連性が存在するとされています。具体的には、父親の年齢が上がるほど子供の神経発達障害のリスクも増加するという統計データがあります。

これは、男性の精子が年齢とともに遺伝子異常を持つ可能性が高まるためと考えられています。この結果、子供が神経発達障害を持つ可能性が増えるというわけです。そのため、不妊治療を検討する際には、父親の年齢も重要な要素となります。

(2)なぜ父親の加齢が神経発達障害のリスクを増加させるのか

父親の加齢が神経発達障害のリスクを増加させる理由は、加齢によるDNAの変異の増加にあります。生殖細胞が分裂する度に新たなDNA変異が起こり、この変異が神経発達障害の原因となる可能性が指摘されています。

父親の加齢は子供の神経発達障害リスクを増加させる可能性があるため、不妊治療を考える際は、パートナーの年齢も考慮に入れることが重要となります。

3.神経発達障害の種類と特徴

(1)自閉症スペクトラム症

自閉症スペクトラム症は、神経発達障害の一つで、主にコミュニケーションの困難や特定の興味への固執、独特な行動パターンなどが特徴となります。加齢父親から生まれた子供には、この自閉症スペクトラム症のリスクが高くなるとされています。

対象者の特徴を表すと以下の通りです。

項目

特徴

コミュニケーション

人との対話に難しさがある。表情や身振りを理解することが困難

興味

特定の対象やテーマに強い関心を示す。一方で他のテーマに対する興味が薄い

行動パターン

ルーティンを好む。突然の変化に対するストレスが強い

このような特性が見られた場合、専門家に相談することを推奨します。早期に適切な支援を受けることで、自立する力を育てることが可能となります。

(2)注意欠陥・多動性障害(ADHD)

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、集中力の欠如や衝動性、過活動性などが特徴の神経発達障害です。これらの症状は日常生活の様々なシーンで影響を及ぼし、学業や社会生活を困難にする可能性があります。

具体的な症状については以下の表にまとめました。

症状

具体例

集中力の欠如

授業中の注意力散漫、作業の途中で気が散る等

衝動性

順番待ちができない、他人の話を遮る等

過活動性

座っていられない、落ち着きがない等

父親の加齢は神経発達障害の一つであるADHDのリスクを増加させるとされ、これは適切な不妊治療の開始時期を検討する上で重要なポイントとなります。

(3)学習障害

学習障害は、子どもが読み書きや数学の理解に難しさが見られる障害の一種です。その中でも、読字障害、書字・書字表現障害、算数障害が具体的な分類とされています。

例えば、読字障害では、文字の読みや理解が困難となり、書字・書字表現障害では、文字の書き取りや文章の構成力が乏しくなる傾向が見られます。また、算数障害の子どもらは、数字の理解や計算能力に課題を抱えます。

表1. 学習障害の種類と特徴

学習障害の種類

特徴

読字障害

文字の読みや理解が困難

書字・書字表現障害

文字の書き取りや文章の構成力が乏しい

算数障害

数字の理解や計算能力に課題

これらの学習障害は、父親の加齢と関連している可能性が示唆されています。父親の適切な年齢での子作りは、子どもの学習能力にも影響を及ぼすことを覚えておきましょう。

4.不妊治療と父親の加齢

(1)不妊治療を始めるタイミング

子作りを始めて1年以上経過しても妊娠しない夫婦は、専門の医療機関で不妊検査を受けることを考えるべきです。また、女性の年齢が35歳以上である場合、6ヶ月以上経過しても妊娠しない場合は早めの相談をおすすめします。さらに、男性の方も年齢が上がるにつれて精子の質が下がり、不妊の可能性が上がるため、早めの検討が重要です。

【不妊治療を始める目安のタイミング】

相談を始める目安

一般的な夫婦

妊娠しない期間が1年以上

女性が35歳以上

妊娠しない期間が6ヶ月以上

不妊治療は夫婦共々に精神的、肉体的負担が大きいものです。そのため、十分な情報収集と、適切なタイミングでの治療開始が求められます。

(2)父親の加齢と不妊治療の成功率

父親の加齢は、不妊治療の成功率にも影響を与えます。一般的に、男性の年齢が上がるにつれて、精子の質も低下し始めるためです。そのため、早めの治療開始が推奨されます。

男性の年齢が45歳を超える場合、不妊治療の世界では「高齢」と言っても過言ではありません。

しかし、これはあくまで一般論であり、個々の健康状態や生活習慣、遺伝的要素などにより大きく変わることもあります。ですから、必ずしも高齢だからといって必ず不妊治療が成功しないとは限りません。適切なカウンセリングと指導を受け、最適な治療法を選択することが重要です。

特に、定期的に射精をすることも、精子の質の低下を遅らせる手段の一つです。

5.不妊治療における注意点

(1)夫の自己精子を利用する場合

不妊治療においては、夫の自己精子を利用する場合、その精子の質が重要となります。特に、加齢により精子の質が低下することが知られています。これにより、治療の成功率が下がる可能性があります。

また、最近の研究では、精子の質の低下は加齢だけでなく、生活習慣やストレスなどでも引き起こされることが明らかになっています。したがって、不妊治療を行う際には、夫の生活習慣の改善やストレス管理も重要な要素となります。

さらに、父親の加齢が子どもの神経発達障害リスクを上げる可能性が指摘されているため、自己精子を利用する場合はその点も考慮する必要があります。

要点

内容

精子の質

加齢、生活習慣、ストレスにより低下

自己精子利用の注意点

神経発達障害のリスク上昇

以上のことから、自身の精子を利用する場合は、その精子の質と、それが治療成功率や子どもの健康に及ぼす影響を理解

(2)精子ドナーを利用する場合

精子ドナーを利用する場合も、不妊治療において多く検討される手段の一つです。しかし、これには慎重に考えるべき点がいくつかあります。

まず、ドナーの年齢が重要な要素になります。若いドナーから提供された精子の方が、その精子の質は高く、神経発達障害のリスクも低いとされています。

また、ドナーを選ぶ際には、健康状態や遺伝的特性も考慮に入れる必要があります。弊社の精子ドナーでは、ドナーの適性をチェックするための厳格なスクリーニングプロセスを実施しています。

最後に、ドナー精子を用いることによる心理的影響も考えられます。パートナーとの関係や自身の感情について十分に考慮し、必要に応じてカウンセリングを受けることをお勧めします。

6.まとめ

本記事では、父親の加齢が子供の神経発達障害のリスクを高める可能性について考察し、その原因となる要素を明らかにしました。また、神経発達障害の種類と特徴、ならびに不妊治療における注意点についても詳しく述べました。父親の加齢は不妊治療の成功率にも影響を及ぼすことから、治療を始めるタイミングは重要となります。自己精子を利用する場合や精子ドナーを利用する場合でも、それぞれ異なる視点からの注意が必要となります。これらの情報は、不妊治療を考えるすべてのカップルにとって、価値あるものであることを願っています。

タグ:    

この記事を書いた人

加地 茜

2017年1月から新人スタッフとして加わりました、加地 茜(あかね)と申します。 英語のTOIECスコアは885です。 英語の翻訳はお任せ下さい。 まだまだ修行中の身ですが、何卒よろしくお願いいたします。

不妊治療前に、父親の加齢が子供の神経発達障害に与える影響が分かることが大切!不妊治療を検討されているカップルは、早めに相談してみてください!お問い合わせはご遠慮なく!😊🌸